子供の将来のために、早いうちから英会話教育を始めよう

shibafu

我が子をバイリンガルにするためには、早めのスタートが肝心

外国語学習を始めるのは、早ければ早いほど良いと言われています。
大人になると、外国語をスムーズに受け入れにくくなるものです。外国語で話しかけられただけで、お手上げ状態になってしまう人は多いことでしょう。
ですが、小さな子供は、聞こえてくる言葉を日本語であるか英語であるかで区別しません。小さい内から英語に接することによって、英語を抵抗なく受け入れることができるようになることでしょう。

子供の耳が「日本語耳」になる前に、英語教育を始めよう

子供のほうが英語を身につけやすいことには、科学的な根拠もあります。
日本語と英語では、よく使われる音の周波数が異なるそうです。日本で育った大人は、日本語の周波数を聞き取ることに慣れているため、英語の音を聞き取りづらいのです。
ですが、小さな子供の耳の機能は発展途上にあるため、特定の周波数を聞き取ることに特化していません。そのため、英語の周波数でも聞き取りやすいのです。

ジュニアコースなら、子供でも楽しく英会話を身につけられる

英会話スクールの多くは、子供を対象としたジュニアコースを開講しています。
スクールにもよりますが、3才児程度から受講することができます。
幼い子供に英語の勉強ができるだろうかと、心配に思う保護者の方も多いかもしれません。ですが、ジュニアコースでは、歌やダンスを取り入れながら楽しく英語を身につけられる教育が行われています。
じっと机に向かっているわけではないので、楽しくレッスンできるでしょう。

英会話スクールに通っておけば、学校で良い成績が取れる

日本では、義務教育の過程に英語教育が盛り込まれています。
その割には、日本人は英語でコミュニケーションを取ることが苦手です。それは、従来の英語教育が、読み・書きを中心とするものだったからです。
グローバル化が進むに合わせて、これからの英語教育は、コミュニケーションを重視したものになると言われています。
小さい頃から英会話のレッスンを受けておけば、学校で英語教育を受ける時に、大きな強みとなることでしょう。

英会話ができれば、将来の選択肢がぐんと増える

多くの企業は、社員の英語力を重視しています。最近では、日本企業でありながら、社内の公用語を英語にしていると発表した企業もあるほどです。
就職活動を行う時、TOEICのハイスコアや留学経験があれば、大きなアピール材料となります。もちろん、就職してからも、英会話力は有利に働くことでしょう。
子供の頃から英会話を学んでおくことによって、将来の道を広げることができるのです。